2006年11月03日

下北沢へ行った日の話

久々に下北沢に行った。
昼前に起きて、ぼーっとしていたら急にピザが食べたくなったので行くことにしたのだ。
新宿で電車を乗り換え、下北沢まで約30分強。
耐え難い空腹感に、「都心の真ん中で餓死するなんて・・・」と少し悲しい気分になりながら昼下がりの小田急線に揺られた。

新しいお店に行くのもいいけど、特に空腹時は味が分かっているものは安心だ。期待どおりのものが出てくるので、ひたすら食べればいい。

少し酸味のきついサラダ、そしてツナとたまねぎのピザとビスマルクを無言で食べる。
たまねぎは生より加熱したもののほうが好ましい。

デザートまでしっかり食べてから、下北沢の街をしばしうろつく。

古着、他愛もないアクセサリーの数々、若者。


最近日が暮れるのがはやくなった。
薄暗くなってきた頃、クレープを食べた。
若い人、オバサン、色とりどりの人がその小さな店の前に列をなしていた。
40分も待つなんてどうかしている。
しょうがない、そういう街なのだ。

洋梨、バナナ、チョコレートソース、生クリーム、そして小麦粉の味。
口のまわりがチョコレート色の生クリームだらけになって、愉快な気分になった。

空腹だったり、満腹だったり、私の胃は忙しい。
posted by けいこ at 23:04| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。