2004年08月09日

セミと駄犬と草むしり

夕方、涼しくなってきたので庭の草むしりをすることにしました。
昼寝しては漫画を読みご飯を食べ…だと文字通りの穀潰しなので、多少は手伝いをばと思い。


作業場所は庭なのだから当然駄犬のテリトリー。
ゴミ袋を持って歩いていると早速後方よりおもいっきりダッシュしてきて膝の裏あたりにぶちあたってくれた。

…それ、人間の言葉で”ひざかっくん”って言うんだよ…

さて草を抜こうとしゃがみこんだとたん、背後に気配。振り返ると、再び追い払ったハズの駄犬の顔のドアップが…
ちょうど顔が駄犬の顔の高さになるので、すかさず顔をなめられる。

コラ、と言うと今度は一度離れたように見せかけて背中をつつきにやってくる。
フェイントまでできるようになって、なんて犬だ。


駄犬と攻防を繰り広げながら生い茂った草をむしり取っていると、こんなものを見つけました↓


image/rabbitsyndrome-2004-08-09T17:33:37-1.jpg


夏の風物詩、蝉の抜け殻。

しかも仲良く2匹変なとこで脱皮している。
(ちなみにこれはアース線)

七年も土の中で暮らして地上に出てきて、脱皮した場所がココ。
こんな間抜けな蝉が、ちゃんと寿命を全うできるのだろうか…

駄犬に襲われなかったか、非常に心配。

なにせこの駄犬

以前ナメクジを食べかけてるところを発見され、そこに居合わせた家族全員からものすごい勢いで止められた経歴を持つ駄犬ですから。

蝉くらいなんてことないかもしれない。

蝉の無事を祈るばかりです。
posted by けいこ at 17:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駄犬ネタありがとうございます。

ナメクジですか・・・身震いしますね。
きっとエスカルゴと間違ったのでしょう。
実はグルメ犬なのかも。
Posted by だくっ at 2004年08月10日 10:36
>だくだくさん
まさか。そんなに頭のいい駄犬ではございません(笑)
彼の行動はすべて「なんとなく」なのです。
きっと。
Posted by けいこ at 2004年08月10日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。