2004年08月30日

「つまる」人間

毒を吐いてみようかと思う。



どうあがいてもつまらない人間というのがいる。

先日飲み会で同席したいわゆる「エリートさん」たちがそうだ。いわゆる一流企業にお勤めのシャカイジンの方々。就職活動でいわゆる「勝ち」を収めた方々である。就職活動もやり遂げることができなかったわたしは、一体どんな人なのか、少なからず興味津々で臨んだ。


感想:実にくだらん


あきれかえるほどおもしろくない。
何をしていたらこんなにもつまらない人間が出来上がるのだろうかと、心底不思議になるほどくだらない大の大人が阿呆面を四つ並べてニヤニヤキョロキョロしていただけの話だった。


そこで、彼ら「つまらない」人間とわたしの周りにいる「つまる」人間の違いを考えてみることにする。
「つまる」人間にあって「つまらない」人間にはないものをを箇条書きにしてみた↓


・話を聞くこと
・場の空気を読むこと
・人といる時間を大事にすること
・好奇心旺盛なこと
・物事を深く考えること
・人生観を持っていること
・余暇の使い方が上手であること
・活き活きしていること
・自分が自分であることを楽しんでいること、何かにすがっていないこと
・プライドの高さを全面に出さないこと
・すぐ拗ねたり自棄になったりしないこと
・相手の意図を汲むこと
・サービス精神旺盛なこと
・基本的に「攻め」の姿勢であること

…などなど。

敢えて上記のことを逆転させて彼ら「つまらない」人間がどのようであったか記述してみよう。ちょっとは毒を吐きたい気持ちも分かっていただけるかもしれない。

四捨五入したら三十になる大の大人が、人の話を聞かず、場の空気も読まず、「俺が俺が!!」とてんでばらばらに話したがり、そのネタが尽きるとこっちから話題を振られるのを待つ。たとえ今何に興味あるんですか?と聞いても「別に…」と答えて、心理学を勉強していると言えば心理テストをねだる安直さ加減。先週末何をしたかも覚えていなくて、趣味を聞いても最終的には会社の話になってしまう。場が白けてくると拗ねて、こっちがなだめるところっと態度が変わって今度はゲームをねだる。幼児か。一気飲みを強要するので拒否ると酒も飲めないで社会に出るつもりかと説教をし出す勘違いっぷり。つきあいきれなくなって愛想よくするのをやめるとまた拗ねて仲間内で会社の話をし始める。
学生時代は学校名にすがって、就職後は会社名にすがって生きているのだろう、「一個人」としてはものすごく薄い人たち。


疲れた。

非常に非生産的な飲み会だったけど、本当に自分は恵まれた環境にいるのだなぁと改めて感謝するヨイきっかけになったのでよかったのかもしれない。精神的に豊かな、素敵な人々に囲まれてわたしは幸せです。
posted by けいこ at 23:06| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感。共感。
私もいわゆる大手の方と飲み会(人は合コンとよぶ)をしたことがありますが、そいつらのつまらないことと言ったら・・○×△!!!
「うちの会社は〜」
「んで、うちの会社は〜」
会社の自慢ばかりする輩達。
おまえはまだ入社して数ヶ月であって、おまえ自身はスゴクないだろー!と私は心の中で叫んでいました。

とにかくユーモアがない人間はダメ!
っていうことで、柳沢慎吾ラブ!!



Posted by れいちぇる@最近ヤナギサワシンゴ好き at 2004年08月31日 00:58
あのね、私のページでのうちらのやり取りを見たあるお方から、「楽しく過ごせなかった事実を楽しく過ごしてるね。」って褒められた(?)よ!!
そう、私達は楽しくなかろうがどうであろうが、全てをポジティヴに昇華する「新人類」ですもんね(笑)!!
Posted by エポケー at 2004年08月31日 01:03
ブログ初投稿です。

なんか、そういう大人って多いよね。おいらも男側にそういう人たちが多い合コンに数合わせで行ったんだけど、ノリが会わなくてダメでした。

自分でもの考えて生きてないとダメだわ。
Posted by むらい at 2004年08月31日 01:58
一流企業に入ることは、それなりの努力が要るでしょうし、凄いことだと思う。
でも、それは過程に過ぎず、その後、どのように生きるかが大事ですよね。
地位とか自慢げに語るのは人生終わっているようなもの。
どれだけ自分にとって充実した時間を過ごせるかが大切だと思うです。
Posted by だくだくー♪ at 2004年08月31日 12:42
いやぁ、だいぶ裏生産的な飲み会だったんだねぇ☆
社会の現実を知るという意味でとっても楽しそう。
その場にいたい><☆★って思わないけど、いたらいたでそれなりに得るモノありそう・・・。
一流企業にも素敵な方はたくさんいるのでしょうけれどね。
一流企業に限らずどこでもピンキリだろねぇ。
ピンに惹かれる人もキリに惹かれる人もいるから社会が成り立ってんだろうなぁ。
人間がつまらなくてもその周りについてる肩書きに惹かれる人も実際いるもんね。
一流大学を出て一流企業に勤めて、それまでさんざん遊んできたいわゆるエリートさんたちって、
結婚するときは全然遊んでこなかった若い女性を選んだりする人いるよねぇ。
あれ?こんな人好みだったの??みたいな。
自分のどうしようもなさに気づかずに一生送るほうが幸せなのか、どうなんだろうね。
それだと、自分はよくても周りが不幸になりそうだけどね。
そんな人でも、みんなで幸せだったらいいね。

そうそう、「拗ねる」っておもしろいね笑
Posted by よしえ at 2004年08月31日 20:20
たくさんのコメント、ありがとうございます!

>れいこちゃま
ユーモアは大切よね。ユーモアがある=心の余裕があると言ってもいいかもしれないとまで思います。心がギリギリな人にユーモアは無理やもんね。(だからといって柳沢慎吾ラブ、と言い切るのはあたしにはまだ無理なようだ・笑)

>えぽけ
うん、楽しく過ごせなかった3時間のひきかえに一晩中のアツイ話題と「いわゆるエリート」だからといって特に偉くもなんともないっていう改めての認識を提供していただいたよね。我ら「新人類」だから、総合的にプラスが多くなったということで。お誘いサンクス!

>むらいサン
初書き込みありがとう!
ほんと、自分なりの尺度で世の中見るようにしないとあっというまに流されてしまうみたい。尊敬するシャカイジンの人が、ほとんどの会社が自由じゃないからなぁって言ってて、もともとつまらない人間もそりゃあいるだろうけど、会社入って染まった結果つまらなくなった人もいるんだろうな、と思いました。もったいないし悲しいね。

>だくだくさん
一流企業に入る努力で自分の力使い果たしたら残りの人生なんて言葉通りカスですものね。どこにいるとしてもそこで何を成すか、その結果を自分でどう受け止めるか、それによって同じ状況にあっても幸せにも不幸せにもなると思うのです。

>よしえちゃん
そうね、確かに一流のエリートだからダメ、なんじゃなくてその中でダメな人もいるってことだからそこをはき違えたらダメだよね。
自分のどうしようもなさに一生気付かなければまだいいかもしれないけど、死ぬ間際とかもう取り返しのつかないところにきてから気付いたら、それはものすごく恐ろしいことのように思います。自分の一生ってなんだったんだろうと思わないように生きたいね。
Posted by けいこ at 2004年09月01日 03:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「丸の内」の残影
Excerpt: 明日は、丸の内を牛耳る某社の方々と会う。 そのうちの一人であるSは、よく 「社会人は会社以外の場でも、そのうち会社の話しかできなくなるんだよ。プライベートにまで仕事の話を持ち出して嫌んなっちゃ..
Weblog: ◇◆Essayという試み◆◇
Tracked: 2004-08-31 00:51

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。