2005年11月20日

鳥肌の謎

なんでキモチワルイものを見たり想像したりすると鳥肌が立つのかについて、長年疑問に思っていたのだけど、じっくり考える機会なんてそうそうない。
今日みたいに暇な日曜日は、無駄なことをつらつら考えるのにおあつらえ向きなので少し考えてみることにする。
それに、うまくすれば鳥肌研究家とかそういった人の目にとまって、すっかり納得できるような回答が得られるかもしれない。

鳥肌がたつのはどういう時か。
寒いとき、もしくは今回の疑問点でもある、キモチワルイものを見たりしたとき。
いや、もっといえば「キモチワルイもの」、というのとはちょっと違うのかもしれない。
血まみれの臓物や巻き散らかされた吐瀉物は確かにキモチワルイけど、それを見たからといって鳥肌は立たない。
今いってるキモチワルイというのは、ぶつぶつしたモノとか、そーいう類のキモチワルさだ。
そもそもそれをキモチワルイと感じる感覚からしてそういえばとても不思議だと思う。
ああまた一つ不思議なことが増えてしまった。
なぜぶつぶつしたものを見たら人間キモチワルイと思って鳥肌が立つのだろう。

寒いときに鳥肌が立つのは、よく分かる。
体温が急激に変化するのを防ごうとして、反射神経が筋肉を収縮させる防衛体制。
確かそういうふうに理科で習った覚えがある。
肉体的な現象に対して、体が反応して鳥肌が立つ。なるほど当然だ。

ではなぜキモチワルイものを見たら鳥肌が立つのだろう。
ちょっと調べたところによると、鳥肌が立つというのは体表にある立毛筋がこれが収縮すると毛が立ち、毛孔を中心に皮膚が引っぱられて盛り上がる状態なのだそうだ。
以下は引用。
「立毛筋は交感神経に支配されています。
脳が寒さを感知すると交感神経に命令が伝わって、立毛筋を収縮させます。
しかし交感神経は興奮や緊張をつかさどる神経網でもあるので、極度に脳がたかぶった状態になると、寒くなくても鳥肌が立つのです。
イヌやネコの背中の毛が、怒ったり恐怖を感じたときに逆立つのも同じメカニズムによるものです。」

少し近づいた。
つまりキモチワルイものは、脳を極度にたかぶらせるということだろうか。
イヌやネコが毛を逆立てるのは、なんとなく生命の危機と関連づけて考えられるから、納得がいく。
恐怖だとか、そういった感情だろう。
そういえば恐怖を感じたときにも鳥肌が立つような気もする。
でも、キモチワルイことは、はたして危険なのだろうか。
ぶつぶつしたものを見て、うわー、キモチワルイ!!と思ってぞわーっと鳥肌が立つのと「コワイ」と思うのは全く別の現象だと思うのだけど。
ぶつぶつしたものを見て鳥肌が立つのは、わりと人間共通の感覚なのだと思う。
もしかしたら昔々人間にとって、ぶつぶつした天敵がいたのかもしれない・・・なんて安直な考え。

ああそういえば、いい音楽を聴いたりして、感動したときにも鳥肌が立つ。
これはなぜだろう。
生命の危険を感じているのでは、決してないと思うのだけど。
それとももしかすると、自分たちがそうと自覚していないだけで、感動する行為というのは生命の危機なのかもしれない。
極度の感動それすなわち死、それはそれで格好いいけど、なんだかなぁ。
納得いかないなー。。。
疑問は尽きない。
posted by けいこ at 16:19| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脳が興奮状態になるときに鳥肌がたつんでしょ。
恐怖ってのはストレートに身の危険を感じて、それにどう対処するか、とか瞬発力を高めるために興奮状態になる。
感動ってのも一種の興奮状態になることなわけで、それで鳥肌がたつ。
気持ち悪いもの…、っていうか「ぶつぶつしたもの」がよく分からんよ(笑)

気持ち悪いってなんなのかねぇ。
何で興奮するのかねぇ。
未だかつて見たことのない情報に、脳内で一斉に検索がかけられる(これも興奮の原因)。
結果、過去のデータからそれはあってはいけないもの、ちゅう検索結果が瞬時に表示される。
うわっ、これはこの世に存在しちゃいかんのだ、それを認めると自分を否定することになるぅ、みたいな恐怖でさらに興奮。
みたいな。

天気の良い日曜に、こんなことを考えてしまうあなたに鳥肌がたつよ(感動、畏怖?、気持ち悪い!?)。


Posted by しみ at 2005年11月21日 22:21
>血まみれの臓物や巻き散らかされた吐瀉物は確かにキモチワルイけど、それを見たからといって鳥肌は立たない。

これで鳥肌たつ人いると思うよー。
私は普通に生きてるpigeonとか見ても鳥肌立つとき多いし。キモチワルイものって人それぞれ違うしね。状況にもよるし。

交感神経と関連してることならなおさら納得かも。
一気に自律神経に緊張がはしって、副交感神経から交感神経にスイッチしちゃうんだろうね。

ていうか、12月19日に日本に帰国するんだけど、けいこちん時間あったらぜひ会いたいのよ〜。
Posted by at 2005年11月23日 23:52
しみちゃんによしえ姐さん・・・
真っ向からこの問題に向き合ってくれるのはやはりご学友かw

>しみちゃん
それは畏怖ですよ畏怖。
ほら、神社仏閣など神聖なモノの前でも鳥肌たつでしょ、それと一緒。
もしくは私自身あなたにとって存在しちゃいけないものなのか。
なんたる新発見。

>よしえちゃん
鳥は確かにキモチワルイね。
こないだセキセイインコが水槽の片隅で10羽くらいかたまってるのを見て、全身鳥肌たった。
これまたなんでかわかんないよねえ。
不思議。
帰国したら是非連絡おくれ。遊ぼう遊ぼう
Posted by けいこ at 2005年11月26日 01:39
広いいかとかとまって
立毛とか寒いときに機会などを納得しなかった?


Posted by BlogPetのfuu at 2005年12月02日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9583513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。